奨学金に関するご相談 受付けています 

私たちは、奨学金の返済に関する悩みや困りごとの相談を受けています。

今までも、多くの方に相談していただき、奨学金の延滞金が減額されるなど、成果をあげています。

誰に相談してよいのかわからない。

そんな方は、私たちに一度、相談してみてほしいのです。

きっと、力になれることがあるはずです。

 

電話 078-362-1166(月曜から金曜 10時から19時)

もしくは、

お問合せフォームからメールください

ダウンロード
ご相談の案内ちらし
奨学金のことに関するご相談の案内チラシです。
相談案内ちらし.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 224.1 KB

相談者の声

  42歳・神戸市在住

事情があり、私は収入のない状態が続いています。そのため経済困難を理由に返還を猶予してもらっていましたが、それも期限が切れて滞納することになってしまいました。

そんな状況が続いていたある日、裁判所から「支払督促」が届きました。これはかなりキツかったです。食事は喉を通らず、ほとんど眠ることもできない状態になりました。それまで裁判所から連絡が来るなどという経験はなかったので何をどうしたらいいのか分からない状況でしたが、ニュースで奨学金問題の電話相談会が取り上げられていたことを思い出し、ネットで奨学金問題と学費を考える兵庫の会を見つけて連絡しました。

会の方はとても親切で数日後に直接会って話を聞いてくださったうえに、その翌日には協力してくださる司法書士さんや弁護士さんと一緒に裁判所での手続きも手伝ってくださいました。その後の機構とのやりとりで、私は遡って猶予が認められて延滞金も解消し、現在も一年毎の猶予が認められることになり、収入を得て返還ができるようになるためにがんばっている状況です。

会によるサポートのおかげでなんとか落ち着いて生活できるようになりましたが、それがなければ現状がどうなっていたか分かりません。

私もそうだったのですが、こういう問題は他の人に相談しにくいのでズルズルと先延ばしにしてしまいがちです。しかしそれでは私みたいに裁判所から連絡が来てしまうようなことになりかねず、非常に面倒な状態になってしまいます。会の方々は優しく信頼ができるので、奨学金返還に不安があるならなるべく早く相談をしてください。相談をしてマイナスになることはないのですから。

 


相談者の声(相談者からの手紙)

 

おばちゃん

昨日郵便届きました。ありがとう。自分の知識不足で、知らなかったことだらけやったし、奨学金というものを簡単に考えすぎてました。

借りたもんは返さなあかんのは当たり前やけど、奨学金は借金であって、利息や制限がものすごくあるということもよくわかりました。

昨日娘と、けんちゃん(すでに借りて返済中の従兄)の記事を読んでて、これ学校のみんなに見せて教えてあげなあかんなあと言うてました。

みんなこんなこと絶対知らんし、教えてあげなヤバイよなと言うてました。

娘が言うには、奨学金担当の事務の人も先生も、なんにも教えてくれへんらしいし、事務的すぎてあかんね。

なかなかしんどいかもやけど、奨学金なしで大学に行かせるようにするわ!

ほんまにありがとうおばちゃん。